【クレジットカードが使えない?】オランダ旅行の注意点

オランダ

 

チーズ市、花のパレード、クリスマスマーケットなど年間を通してイベントがあり旅行におすすめのオランダ。

初めてオランダを訪れた時、日本と生活スタイルが違い、驚いたり戸惑ったことがあるので心構えや事前知識として共有したいと思います。

 

A19 地球の歩き方 オランダ ベルギー ルクセンブルク 2019~2020 [ 地球の歩き方編集室 ]

買い物

お金

オランダはキャッシュレスが進んでいて、デビットカードでの支払いが基本です。

少額ならカードをセンサーにかざし、それ以上ならPIN(パスワードのような数字)を打ち込み支払いをします。

このデビットカードはオランダの銀行が発行しているもの対象です。

スーパーでレジ係がおらず個人で商品のバーコードを読み取り、会計をするコーナーがありますが、こちらではクレジットカードと現金が使えません。

大手スーパーマーケットAlbert Heijn では店員のいるレジでもクレジットカードは使うことができません。

入口や通りにATMがあるのでそこで現金を下ろして使いましょう。

 

量り売り

野菜や果物はカットされてすぐに食べられるようになっているものだけでなく、りんごやバナナ、ブロッコリーなどは量り売りになっています。

お店には量りがあり、量りに商品を乗せたら野菜か果物か選び、その中から写真と名前を頼りに商品を選び、重さと金額を確認してボタンを押すと、バーコードが印刷されたシールが出てくるのでそれを商品(または袋)に貼り、会計をします。

 

お手洗い

お店でトイレを使用する時には数セント払わなければいけないことがあります。

どうしても行きたくなった場合に備えてコインを用意しておきましょう。

 

日付

日本の場合、2019年6月10日だと、賞味期限 / 消費期限 は 2019/6/10 (年/月/日)のように書いてありますが、オランダやその他ヨーロッパの国では10/6/19 (日/月/年)の順になります。

6月30日のような大きな数字だと順番が違うことに気が付きますが、6月10日のように月と日が入れ替わっても不自然ではない場合は注意しましょう。

 

乗り物

歩道 / 自転車道

オランダは歩道、自転車道、車道が区別されています。

道を歩くときは歩道を歩いていれば安心ですが、自転車道との境に常にブロックがあるわけではないので、無意識に自転車道に出たりすると自転車に乗っている人から怒られます。

自転車のスピードは日本で漕ぐよりもかなり早いなと感じたので、横断する時も左右をしっかり確認してからにしましょう。

自転車が道を横切ったり曲がるときは手信号をしてくれます。

右手をまっすぐ右にのばせば右折、左手を左にのばすのは左折です。

お店や小道が近づいたときには注意してください。

 

乗り降り

切符タッチ

乗り降りの際には必ず切符やカードをタッチしてください。

改札がありタッチしないとホームに入れない場合は大丈夫ですが、タッチする機械のみ設置してある駅もたくさんあるので、忘れないでください。

ボタン

またバスやトラムから降りる際には降りる駅が来る前にボタンを押し、運転手に知らせます。

乗り降りする人が誰もいない駅は止まってくれません。

駅名がアナウンスされる場合は目的の駅が聞こえたら。

しかしアナウンスがまったくないバスもあるので、そういう場合は

・運転手に駅に着いたら教えてもらう

・駅の数を数える

・駅の名前をこまめに確認               

 

乗降専用ドア

乗るときと降りるときのドアは分かれていて、降りる専用のドアには乗る人がわかるよう、矢印(←→)が描いてあります。

 

自動でドアが開かないときは、乗り降りする際にはドアについた緑色に光っているボタンを押してドアを開けます。

 

レジ袋

オランダではレジ袋は有料です。毎回レジ袋を買う代わりに使うのが、

・スーパーのブランド名が入ったエコバッグを購入して使用

・ショッピングカート

ショッピングカート 折りたたみ (保冷 保温) キャリー 軽量TOTE (トート) キャリーカート キャリーバッグ クーラーバッグ トートバッグ 買い物カート 折り畳み 母の日 ショッピングバッグ キャリー エコバッグ COCORO(ココロ) 【送料無料】

・手で持つ

・スーパーのものではないエコバッグ

 

メール便送料無料 保冷保温エコバッグ【レジカゴ 折りたたみ ファスナー ナイロン レディース アニマル ネコ 猫 おしゃれ 折り畳み ポイント2倍】【楽ギフ_包装】父の日

お店にはお店のイメージカラーとロゴが入ったブラスチックの袋が数種類売られています。

少量入れれるものだったり、マチ付の丈夫なものも…

お土産にもいいかもしれません。

 

パンやスナック菓子、飲み物だけ、といったわざわざレジ袋を買うまでもないときは手に持って帰る人もいます。

 

私は日本で使っていた折り畳めるエコバッグを使用していました。

コンパクトなので常にかばんに入れておけますし、買い物以外で荷物が増えたときにも使えるのでおすすめです。

 

最後に

オランダの旅行・生活のイメージが少し湧いたでしょうか。

日本と違うところがたくさんありますが、慣れてしまえばなんてことないので、この記事が少しでも参考になったら嬉しいです。

 

A19 地球の歩き方 オランダ ベルギー ルクセンブルク 2019~2020 [ 地球の歩き方編集室 ]

↓クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました