留学先で日本人との付き合い方【日本人同士でつるむメリット・デメリット】

留学

海外留学をするとなると必ずといっていいほど聞く、「日本人とつるむのは悪いのか」問題。

それについて私の経験を含めメリット・デメリットを書いていこうと思います。

結論は、「ほどほどにすると留学を最高のものにできる」です。

 

デメリット

 

日本人といることが心地よく、他の学生と関わる機会を逃しがち

 

日本語を話す日本人、さらに日本から来た者同士だと言葉が同じですし育った環境が近く居心地が良いですよね。しかし日本人以外の学生と関わるとなると、いろいろなところに神経を使わなければいけません。特に言語。私はアメリカに留学していたので日常生活で使うのは英語でした。日本の学校の英語の授業で鍛えられた、「完璧主義」。というのは、授業で学ぶ英語は主に受験対策のためであり、問題集を解きながら「正確な、正しい英語」(国や地域によって何を正しいとするかは違いますが…)を叩き込まれます。そして違うものは悪、正解のものだけが認められるのです。この認識のままアメリカへ行った私は「少しでも間違えた文法で話すのが怖い」「変な英語を使うと思われてからかわれたらどうしよう」と不安になり、英語を使う、特にスピーキングに自信がなくなってしまいました。

その点、生まれてからずっと使ってきた日本語を使うのは文法や発音など気にしなくとも伝えたいことをすらすら話せます。そうなると「いざとなれば私だって話せる」「無理して話さなくてもいいや」とますます内気になり、日本人で日本語を使った会話のみになりがちになってしまいます。

そしてこのような日本人グループが常に固まって行動していると、日本人が他の学生とコミュニケーションを取る機会を失うほかに、日本人、あるいは日本に興味があり仲良くなりたい人にとってもデメリットになるのです。

私の大学には日本人が20名ほどいて、4~5人のグループが3つほどありました。そのグループは授業の移動、図書館で勉強、ご飯を食べるときなどいつも必ず一緒に行動していました。

ある日ルームメート(アメリカ人)が私に相談してきました。「私の友達(アメリカ人)が『日本人と仲良くなりたいんだけど、日本人はいつもグループで固まってて話しかけづらい』って言ってるの。日本人の子たちは他の学生から話しかけられたり友達になるのは嫌なのかな?」

いつも同じメンバーで、自分の理解できない言語を話しているところに思い切って話しかけるのは勇気がいりますよね。日本でもよくありますが「内輪感」が出ていて言い過ぎかもしれませんが自然と他人を寄せ付けない雰囲気を出していたのかもしれません。

せっかく興味を持って仲良くなりたいと思ってくれている人がいるのに、そのチャンスを逃してしまうのはもったいないです。

日本人といてはいけない、というわけでは決してありませんが、「日本人といると楽だから」「居心地がいいから」という理由に甘えて常に一緒に行動することで、外国で生活するメリットを手放してしまうことになりうる、ということを知ってほしいです。

 

 

メリット

 

日本人同士での情報共有

 

同じ留学先の先輩から授業や教授、寮の様子について詳細を教えてもらうことができます。例えば入学前に寮の希望を出す際、先輩に各寮の特徴(うるささ、エレベーターの有無など)を聞きどの寮が良いか決めることができます。またアパートに住む際も、先輩と連絡を取り合い、先輩の卒業に合わせて借りることができます。使わなくなった教科書の譲渡や貸し借りもよく行われています。

 

悩み相談

 

慣れない場所で勉強、生活するというのは不安や悩みがつきません。それはテスト勉強、プレゼンテーション、ホームシックなどかもしれません。日本食や家のご飯が恋しくなることだってあります。これらのストレスをわああああっと吐きだし、共有できるのは同じ境遇である日本人留学生です。

私もシャワー(共同のバスルームにある)を浴びた後に日本人の学生と「最近どう?」と立ち話したり、部活の後自分の部屋に戻るまでの間歩きながら話すだけですごくすっきりします。

ジムに行ったり音楽を聴いたりと自分なりにリフレッシュしていますが、「話す」というのは一番心がすっきりする気がします。海外に来ているんだからストレスがあって当たり前、それに耐えないといけないというのは間違いではありませんが、それは「ストレスを全て抱え込まないといけない」というのとは違います。ストレスを上手く開放し、大学生活で生き残るためにもほどよく日本人と付き合うことが大切です。

 

同じ日本人留学生として刺激がもらえる

 

私は大学に日本人のロールモデルがいました。その人は、

 

・ボランティアや部活動、興味のあることはなんでも挑戦 (部活動の幹部、寮長、アルバイトなど)

・毎学期成績優秀者

・どんどん人に話しかけ、友達を作る

・日本人と常に一緒に行動していない、「自分は自分、他人は他人」

・分からないこと、知らないことはどんどん聞く、好奇心旺盛

 

 

私は挑戦したいことがあってもだれか知り合いと一緒でないと不安でした。友達を誘い断られると一人で参加するのは嫌なので私も参加を止めるような人でした。恐らく日本で培われた、「一人でいると友達がいないと思われる」「一人だと不安」「分からないことがある時に知らない人に聞くのは恥ずかしい」といった感情のせいだと思います。「他人からの目線」を過度に気にしすぎる性格のせいで自分の本当にやりたいことに挑戦する勇気が持てずにいました。

しかし私のロールモデルになった人は、私とは正反対の「自分の正直に、やりたいことをやる」精神の持ち主でした。そして常に友達に囲まれていて、一緒に歩いているとたくさんの人に声をかけられていました。恐らく大学の全ての学生、教授と知り合いだったのでは…

他人の目を気にせず、自分の心に正直に行動する姿は本当に輝いて見えました。エネルギーに満ち溢れていてアクティブで、一緒にいるだけで元気が出て何にでも挑戦する勇気が出てくる、そんな人でした。

留学生だから… 英語はネイティブじゃないから… そんなことは気にしない。幹部でも寮長でもやりたいから、挑戦したいからやる。現地の学生より劣っていると感じるなら10倍、100倍努力する。

そんなロールモデルのがむしゃらな姿勢が私には格好良く見えました。実際にその人と出会い私は自分に正直に行動できるようになり、

・部活動の幹部

・ボランティア

・アルバイト

・毎学期、卒業まで成績優秀者

・一人で行動することが怖くなくなった

 

と「あなたはいつも努力していて向上心があって素晴らしい」と言われるまでになりました。日本にいた自分が聞いたら信じられないと思います。

 

 

 

日本人は同じ海外で努力する同士、刺激を受けることができ留学のモチベーションであり戦友でもあります。

日本人は海外で付き合いかた次第で自分にポジティブにもネガティブにも作用します。「ほどほどに」というのは中途半端な言い方ですが、時に反面教師として、時に戦友として、上手く「利用」するのが一番だと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました