【アメリカ留学】【大学の食堂・カフェ・コンビニ事情】

アメリカ

アメリカの大学に長期留学する際に気になるのが食事。
特に寮で生活する場合は毎日食堂を利用することになります。私も大学の寮に入っていたので毎日食堂で食事をしていました。
今回は食堂にどのようなメニューがあるのか紹介します。

 

食堂について

私の大学は全校生徒3000人の小さな大学です。大学内には、

・コンビニが一つ
・スナックやソフトドリンクのテイクアウトができるスタンドが一つ
・カフェが二か所(授業のある建物のうち一つ、図書館に一つ)
・Combo と呼ばれるあらかじめ用意されたメイン、サイドから好きなものを選択する、テイクアウト式が一つ
・バイキング形式になっている食堂が一つ

あります。

 

コンビニ

コンビニの大きさは日本のコンビニの半分程度です。
お昼すぎから夜中まで開いています。売っているのは食べ物と飲み物。
飲み物は水はもちろん、コーラやジュースなどさまざま。大きさも500ml~2Lほどのものまでさまざま。
食べ物はお菓子やインスタント食品がメインです。キットカットやReese’s Peanut Butter Cup というチョコレートの中にピーナッツバターが入ったあまじょっぱいものなどおやつにぱくっと食べるものから、オレオやポテトチップスのパーティー用大袋もあります。

またテイクアウト用の食堂(といっていいのか…)で売れ残ったサンドイッチやサラダもときどき置いています。
インスタント食品だと、お湯を注ぐだけで食べられるカップに入ったオートミール、シリアル、ラーメンなどもあります。
アメリカならではなのが、プロテインバーがあること。プロテインが15gも入ったバーもいろいろな種類があります。
このコンビニは深夜まで開いているので、友達同士部屋で映画を見たり、パーティをする学生が夜買いに来ています。
大型連休やvacation 前は商品をなるべく売り切るため買い足さないので、欲しいものがある場合は早めにゲットしましょう。

 

ファストフードテイクアウト

主にファストフードメインで売っている屋台のようなお店です。ホットドッグ、サンドイッチ、スナック菓子、スムージー、アイスクリームなど夜中に食べるには罪悪感がありすぎるものが売られています。スムージーはバナナ、イチゴ、スイカ… と私が覚えているものよりたくさん種類があり、何種類かミックスして作ってもらうことができます。暑い日には冷たいスムージーがとっても美味しいです。

 

カフェ

コーヒー、チャイ、ココアなど飲み物は注文するとその場で作ってカップに注いでくれます。スタバみたいですね。
ちなみに私はチャイラテが好きでした。シナモン多めで。
食べ物だと勉強のお供にぴったりなクッキー、マフィン、ブラウニー、シリアルバー、ベーグルが買えます。また日替わりのスープも美味しいです。
ただしクッキーは巨大な手のひらサイズ、マフィンは握りこぶし二つ分ほどあり「おお…アメリカサイズ…」とたじろいでしまいました。

 

Combo

ファストフードもありますが、より「ちゃんとした」食事がテイクアウトできる場所です。
メキシカン、中華、日本食(寿司)などのコーナーに分かれていて、メインとなる食事を1種類、サイドを2種類選ぶことができます。このメイン1つ+サイド2つは全て同じ料金です。

 

・メキシカンのコーナー

タコライスやナンのような生地、またはアルミホイルの容器に好きな具材を好きなだけ入れてもらいます。
具材は黒豆、お米、角切りトマト、レタス、コーン、ポテト、挽肉
味付けはワカモレ、サワークリームなど。

 

・サラダボウル

レタス、トマト、玉ねぎ、ピーマン、コーン、きゅうり、ブロッコリーなどから好きな野菜をすきなだけ。
6種類ほどのドレッシングから好きなものを。
トッピングにナッツやフライドオニオンを。

 

・パスタ

好きな野菜とその他ベーコンやマッシュルーム、好きなパスタソースを選ぶと自分オリジナルのパスタを作ってもらうことができます。

 

・寿司

人気なのが、好きな具材を選ぶとそれで握り寿司や巻き寿司にしてもらえるコーナー。
具材はきゅうりやえび、アボカドなど。
ソースは醤油だけでなくピンクのspicy sauce というものまであります。
またスタッフ創作(?)のお寿司もあります。
えびフライとマンゴーが入った巻き寿司にSpicy sauce がかかっているものに挑戦したのですが、マンゴーが邪魔でしたね。その挑戦心にあっぱれです。

 

・サイド

今まで紹介したのがメイン。それに加えてサイドとして二つ、選ぶことができます。
・フレンチフライ
・フルーツ(すいか、メロン、イチゴなどのカットフルーツセット、皮つきオレンジ、リンゴなど)
・ケーキ(チョコレートケーキ、ショートケーキ)
・スープ(日替わり)
・クッキー
・マフィン

これらの中から同じものを二つでも、違うものを一つずつでも好みで選ぶことができます。

 

 

食堂(バイキング)

大学内でメインの食堂。朝7時から夜9時までずっと開いています。
朝食は朝7時から11時、昼食は11時から14時、夕食は17時ごろから21時までです。
それ以外の時間にはピザ、パン、スープ、サラダバー、デザートなどが常にあります。

 

朝食

・ヨーグルトとそのトッピング用のシロップ漬けのフルーツ、ナッツ、チョコチップなど
・シリアル
・スクランブルエッグ
・パンケーキ
・ソーセージ / ベーコン
・オムレツ(好きな野菜を選ぶとその場で作ってくれる)
・パスタ(オムレツ同様、パスタ、野菜、ソースを選ぶと作ってくれる)

 

昼食

・魚 / チキン(週に6~7日はお肉、魚は出れば奇跡)
・サンドイッチ・ラップ(ブリトー)(パン生地、野菜、ハム、チーズの種類を伝えるとその場で作ってくれる)
・サラダバー(この時間帯から野菜登場。レタス、トマト、玉ねぎ、マッシュルーム、きゅうり、ほうれん草、ビーツなど。湯で野菜はなく、ほとんど生。)
・スープ(日替わり。チャウダー、ミネストローネ、チリビーンズなど)
・パン(食事用の丸いパンとか)
・オムレツ
・パスタ
・日替わりのメイン料理 (ラザニア、クスクスのサラダ、マカロニ&チーズなど)

 

夕食

・魚 / チキン
・サンドイッチ・ラップ
・サラダバー
・スープ
・パン
・オムレツ
・パスタ
・日替わりのメイン料理(昼と違うもの)(マッシュポテト、野菜のオーブン焼き、フレンチフライなど)

 

メインになっているものはオーブンで大量、一斉調理のためか味付けが濃く、オイリーな食事が多く、私はあまり好きではありませんした。
マカロニ&チーズ、フレンチフライ、ピザなどが常にあるのはアメリカならではかなと思います。
またデザート関連もすごい。ケーキ、クッキー、マフィン、アイスクリーム、ワッフルメーカーはいつでも利用できます。
好きなときに好きなものを食べられるのは幸せですが、味の保証はしません…

健康に気を使っている人やジムで鍛えている人は食事をしっかり管理している印象でした。
食堂はミールプランといって事前に学費と一緒に支払っている人が主に使用しますが、食事代を支払えば外部の方も食べることができます。割引になる曜日が決まっていたりするので、そんな日は近所の方や、教授の家族がたくさん来られます。

食堂の充実度は大学によって異なるので、いろいろな大学を回るのも面白いかもしれません。

 

↓クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました