【アメリカ留学】授業が聞き取れない?録音は必要?

留学

 

留学して一番不安なのは授業。

そして教授や学生の話す内容が聞き取れるかどうか。

 

 

授業を録音するのはおっけい?

 

授業の最初に配布されるシラバスには、「録音は禁止する」と表記があります。

しかし、「私は留学生で、英語の聞き取りに自信がないので録音させてほしい」ということを教授に伝えれば、どの教授も録音を快諾してくれました。

 

許可なく録音や録画をしたり、それをネットに流すと違法になる可能性があるので注意しましょう。

 

実際に録音した?

 

私はアメリカでの最初のセメスターが始まる前に、日本人留学生の先輩に授業を録音しているかどうか尋ねました。

結果は録音する人・しない人どちらもいました。

 

録音しない人の意見は、「録音しなくても聞き取れるしついていける」

録音する人は「後で聞き直したり、復習するのに便利」

 

心配性の私はボイスレコーダーを購入し、使うことにしました。

【小さいのに高音質】【大容量8GBの2倍の16GB】【OTGケーブルプレゼント】【1年保証】JSRIVE ボイスレコーダー 1年保証 小型 内臓メモリ16GB 長時間 高音質 ICレコーダー 軽量 録音機 最大188時間録音 スキップ付き 送料無料

 

録音してみた

 

教授の許可もとり、録音もばっちり。私は歴史や心理学の授業を録音していました。

ところが、私が録音した音声を聞き直すことは一度もありませんでした。

 

理由は2つ。

 

・聞き返さなくても授業についていけた

 

日本で留学の準備をしている際にアメリカの大学レベル同等の授業をネイティブから教わっていたおかげで、自分が思っていた以上にネイティブの英語についていくことができました。

また私が理解できないと感じるところは他の学生も同じように感じているところ。誰かが質問すると教授はもう一度別の言葉でわかりやすく説明してくれるので助かりました。

 

・録音を聞き返す時間がない

 

毎日予習、復習、テスト勉強にプレゼンなどやるべきことがたくさんあり録音を聞く暇が惜しいというのが本音です。

授業で理解できなかったところや疑問点が後から出てきたときには教授や友達にメールしたり、直接聞きに行くことで解消していました。

 

まとめると

 

録音が必要かどうかは個人の英語力によります。授業がほとんど理解できない、教授の話すスピードが速すぎる、などの場合は録音して聞き直すのもいいでしょう。

授業は予習をしたうえで理解を深めたり、予習で生まれた疑問や問題を話し合う場なので、予習を丁寧にするのも手だと思います。

時間はかかりますがしっかり本を読み込み、分からない部分をピックアップして授業でその箇所になったらすばやく質問できるようにしておく。これだけで授業がスムーズになります。

 

↓クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました